Top >  大腸ガンの予防 >  運動して予防する大腸がん

運動して予防する大腸がん

運動不足は大腸がんの原因のひとつです。


運動不足は体に脂肪を溜め込みやすくなってしまいます。

簡単に言うと、太りやすくなってしまいます。


太っていると、大腸がんになる確率も高くなってしまいます。


「太っている人=内臓脂肪の多い人」には、

がんを発生させないようにしているアディポネクチンが

作られにくくなってしまうんですね。


アディポネクチンを増やすためには、

内臓脂肪を減らさなくてはいけません。


だからといって、急に無理な運動をする必要はありません。


特に大腸がんやポリープの治療、手術をした人は、

すぐに激しい運動はできないと思います。


逆に激しい運動より、有酸素運動の方が

がん予防に効果があるという結果も出ているんですよ。


有酸素運動で、簡単にできるものといえば、

ウォーキングです。


だらだら歩かず、少し早めに歩くことがポイントですが、

毎日1時間ほどできると理想です。


また、水泳や、水の中で歩く水中ウォーキングも

おススメです。


短期間で激しい運動をするより、毎日少しずつ、

その積み重ねが、大腸がん予防の運動の大事なところです。


もし、そんなに運動できない!運動大嫌い!

あるいはそんな時間なんかない!という人。。。


掃除をしたり、家事をしたり、買い物に行ったり。。。


とにかく運動と思わず、体を動かせればOKです。


家にいると、ごろごろ一日中寝て、テレビ見て。。。

そういう生活はあまりよくありません。


ちょっと掃除などの家事、お庭掃除などでも、

体を動かしてみましょう。


ちょっと体を動かすことに慣れれば、

きっと楽しく長続きすることができますよ(^^)

         

大腸ガンの予防

どうやって大腸ガンを予防したらいいのかを
説明します。

このカテゴリ内の記事


生活を見直して大腸がん予防
食事で大腸がん予防
運動して予防する大腸がん
大腸がんセルフチェック







Yahoo!ブックマークに登録