Top >  大腸ガンの予防 >  食事で大腸がん予防

食事で大腸がん予防

大腸がんと食事にはとっても深い関係があるといわれています。


でも、これを食べたから大腸がんにならないというものは

ありません。


例えば食物繊維の多いものを食べて便秘を防ぐことで、

大腸の中に溜め込まないことが、大腸がん予防にもなる。

ということです。


もともと大腸がんは日本では少なかったがんです。

でも、食生活が大腸がんが多い欧米の食生活に変わってきたことも、

大腸がんが増えた原因でもあります。


では、どういった食事をすれば大腸がんの予防になるんでしょうか。


大まかに言うと、昔の日本では大腸がんが少なかったので、

昔のような食事=和食中心の食事がいいですね。


和食は油っこいものはあまりありませんよね。


脂肪分を摂りすぎずに、食物繊維の多い食品を摂りましょう。


食物繊維の多い食品は和食メニューにはたくさんあります。

納豆、大豆、海草類やごぼうなども食物繊維が多く入っています。


お肉より、魚中心の生活も大腸がん予防になりますね。


また、アルコールは大腸がんの危険因子とされています。

なるべくアルコールは控えましょう。


また、乳酸菌が腸にいいという実験結果も出ています。


乳酸菌といえば、ヨーグルトや乳酸菌飲料などもありますね。

ちょっと意識して飲んでみてはどうでしょうか。


腸にやさしいもの、体にいいものを摂ることは、

大腸がんの予防だけでなく、便秘が解消されたり、

肥満を防げたり、他の病気になることを防ぐこともできます。


食事方法を見直すことは大腸がんの予防とともに、

健康にもなれるのですから、ぜひ食事に気をつけてみてくださいね。

         

大腸ガンの予防

どうやって大腸ガンを予防したらいいのかを
説明します。

このカテゴリ内の記事


生活を見直して大腸がん予防
食事で大腸がん予防
運動して予防する大腸がん
大腸がんセルフチェック







Yahoo!ブックマークに登録