Top >  大腸ガンと転移 >  転移や再発が見つかったら?

転移や再発が見つかったら?

大腸がんは、肝臓に転移・再発することが多く、

次に肺に転移・再発することが多いがんです。


もし、再発や転移が見つかった場合は

その後はどうすればいいのでしょうか。


他のがんは転移・再発した場合でも、

治療をしないことも多いそうです。


でも、大腸がんは、進行も遅いため、

積極的に治療をします。


肝臓や肺などに再発、転移が見つかった場合、

手術をして、取れるようなら開腹手術を行います。


もし手術で取れない場合も、他の方法で治療をしていきます。


主に抗がん剤を使ったり、放射線の治療を行います。


再発・転移した場合の抗がん剤や放射線の治療も、

それだけでがんをなくすこはできませんが、

長期間がんの進行を抑えるのには、かなり効果的だそうです。


また最近では、体に負担がかかりにくい治療法も増えてきています。


肝臓に転移した場合、

高濃度エタノールをがんに注射してがんを死滅させたり、

肝臓につながる動脈に抗がん剤を直接注射する方法などがあります。


大腸がんの再発や転移が見つかった場合でも、

前向きにいろいろな治療法を検討してみてください。


また、医師にかかって治療するだけではなく、

少しでもがんの進行を抑えたりするために、

自分でもできることはあります。


食物繊維を多くした食事など、便通をよくしたり、軽い運動など、

腸に優しい生活をすることも自分でできることですよね。


特に食事は、大腸がんと密接な関係を持っているので、

食事を見直すこともとても大事な治療のひとつです。

         

大腸ガンと転移

大腸ガンはどこにどうやって転移するのかを
説明します。また、再発、転移が見つかったら
どうするかも説明します。

このカテゴリ内の記事


大腸がんの転移
大腸がんの転移の仕方
転移や再発が見つかったら?







Yahoo!ブックマークに登録