Top >  大腸ガンと転移 >  大腸がんの転移の仕方

大腸がんの転移の仕方

大腸がんは、どのように転移していくのでしょうか。


転移の仕方は、3種類あります。


大腸がんが壁で大きくなってくると、

一部が腸の壁の中にあるリンパ管に入ってしまいます。


リンパ管のところどころにあるリンパ節で

がんの細胞やその他の病原体を排除しようとします。


しかし、がん細胞の方が勝ってしまうと、

リンパ節の中で増えていってしまいます。


リンパ管は、全身に巡っています。なので、リンパ節に転移

してしまったがんはリンパ管で次のリンパ節に流れていき、

そこで増えていくの繰り返しになってしまいます。


これが、リンパ行性転移といいます。


大腸がんのリンパ節転移は、

そのがんの1番近くのリンパ節から起こります。


これを防ぐために、開腹手術では、

がんと一緒にリンパ節もとっているんですね。


また、がん細胞が腸の壁の中にある毛細血管に入り込んで

血液の流れにのってがんが移動して大きくなることを

血行性転移といいます。


大腸の血液は大腸の次に肝臓にいきます。

そのため、大腸がんは肝臓に転移しやすいと言われています。


この血液にのって移動するがん細胞は、

骨や脳にまで移動することもあります。


また、大腸がんが進行して、大腸の壁を突き破ってしまうと、

お腹に広がってしまうことがあります。


この広がったがんは、お腹の中で水を出します。

この水が溜まって、お腹が苦しくなることもあります。


その他、お腹に広がったがんが胃など、臓器を圧迫してしまい、

食べ物の通りが悪くなったりしてしまいます。


このようにして、大腸がんは様々なところに転移していきます。

         

大腸ガンと転移

大腸ガンはどこにどうやって転移するのかを
説明します。また、再発、転移が見つかったら
どうするかも説明します。

このカテゴリ内の記事


大腸がんの転移
大腸がんの転移の仕方
転移や再発が見つかったら?







Yahoo!ブックマークに登録