Top >  大腸ガンと転移 >  大腸がんの転移

大腸がんの転移

転移とは、がんが違う場所にできて大きくなることです。


がんが最初にできた場所を原発巣といいますが、

その原発巣以外のところにがんが移動してそこで定着して、

大きくなることがあります。これが転移です。


大腸がんの原発巣は、大腸になります。


例えば、その原発巣から、肝臓にがん細胞が飛んで、

肝臓で大きくなると大腸がんの肝転移になります。


肝臓に転移すると、肝臓にもがんがあるわけですから、

肝臓がんにもなってしまったの?と思うかもしれませんが、

それはちょっと違います。


もし、肝臓に転移してしまっても、一番最初にできたところが

大腸だとしたら、大腸がんの転移ということになって、

治療も大腸がんの治療をします。


がんが最初にできたところが、肝臓だったら、肝臓がんというのですが、

転移の場合は肝臓にあっても、肝臓がんといわないんですね。。。


普通、がんは転移したことが発見されたら、

手術しないことが多いそうです。


でも、大腸がんの場合、進行もゆっくりなので、手術を行ったり、

転移したところの治療も行われることが多いです。


転移した場合、手術をすることも多くありますが、

その他、抗がん剤や、転移した場所によって様々な治療法で治療します。


大腸がんの転移しやすいところは、リンパ節、肝臓がもっとも多く、

その次に肺に転移しやすいといわれています。


大腸がんは転移しても、治療を行うということは、

がんになっても治りやすかったり、

それからもかなり長く生きることもできます。


転移しても、いろいろな治療法を知って、

じっくり自分に合った治療を見つけましょう。

         

大腸ガンと転移

大腸ガンはどこにどうやって転移するのかを
説明します。また、再発、転移が見つかったら
どうするかも説明します。

このカテゴリ内の記事


大腸がんの転移
大腸がんの転移の仕方
転移や再発が見つかったら?







Yahoo!ブックマークに登録