Top >  大腸ガンの検査 >  CT検査・MRI検査・超音波検査

CT検査・MRI検査・超音波検査

大腸がんの検査でも、CT検査やMRI検査を行います。


CT検査は、レントゲン検査で使う?線を

体のいろいろなところからあてて、コンピューターで処理して、

輪切りの画像をみることができます。


また、MRI検査は?線ではなくて、

そのかわりに磁石と電波を使って、同じように検査します。


どちらも寝ているだけでできる検査ですし、

この検査での?線も磁石や電波も人体に影響がないといわれています。


このCT検査や、MRI検査っては、

内視鏡検査などと一緒に行ったりします。


治療中にその治療がどのくらい効果が出ているかを判断して、

これからそういった治療をするか決めるのにも役立ちます。


また、大腸がんが、腎臓や肺など、

他の器官に転移していないかを検査することにも使われます。


大腸がんは、肝臓に転移しやすいがんといわれています。


その肝臓に転移していないかの他にも、

がん性腹膜炎やリンパ節転移、卵巣転移、

骨転移などしていないかなどを判断します。


また、超音波検査も、大腸がんが、大腸の外に広がっていないか、

他に転移していないかなどを調べるのにも使われますが、

手術前、手術後の経過を見るのにも使われます。


これらの検査は単体で行うことが少ないので、

他の検査と同時に行われることが多いです。


しかし、自分は何もしなくて検査できるので、

比較的負担も少ない検査になります。

         

大腸ガンの検査

大腸ガンかどうかを検査する方法はいろいろあります。
その大腸ガンの検査方法を紹介します。

このカテゴリ内の記事


便潜血反応検査
直腸指診・肛門直腸鏡検査
注腸造影検査
大腸内視鏡検査
CT検査・MRI検査・超音波検査







Yahoo!ブックマークに登録