Top >  大腸ガンの検査 >  大腸内視鏡検査

大腸内視鏡検査

胃の検査をするとき、胃カメラを使ったりしますよね。


それと同じように、大腸にも内視鏡を使って、

大腸がんの検査をすることができます。


レントゲンの場合は、外側からしか

大腸の様子は診ることはできません。


でも内視鏡なら、中の様子をカメラでみるので、

レントゲンよりかなり発見率は上がるようです。


腕のいい慣れた医師なら、

診断率は、ほぼ100%っていう医師もいるそうです。


でも、胃や食道の内視鏡検査とは違って、

大腸の内視鏡はとても難しいそうです。


大腸は約2メートルもの長さがあって、

それがお腹の1部に入っているので、

ねじれていたり、曲がっているところもあります。


また、大腸は細いところと、太いところが交互になって

いるところもあるので、それを検査するのは難しいですよね。。。


でも、内視鏡検査は、カメラで大腸を内部から見れるし、

検査中にちょっと変だなって思うところがあれば、

そこの一部をとって、詳しく調べることもできます。


さらにポリープや大腸がんを、内視鏡で切除することだって

できちゃうんです!!


内視鏡、とってもすごいですよね!!


最近では、痛くなくて、

短時間で検査できる新谷式という方法もあるそうです。


痛くなく検査ができるなら、検査もしやすくなりますね!

         

大腸ガンの検査

大腸ガンかどうかを検査する方法はいろいろあります。
その大腸ガンの検査方法を紹介します。

このカテゴリ内の記事


便潜血反応検査
直腸指診・肛門直腸鏡検査
注腸造影検査
大腸内視鏡検査
CT検査・MRI検査・超音波検査







Yahoo!ブックマークに登録