Top >  大腸ガンの検査 >  注腸造影検査

注腸造影検査

よくドラマとかでも、レントゲンの写真を見ながら

「ここに影が・・・」っていうシーン、ありますよね。


大腸がんも、そのレントゲンを使って、

大腸の中をみて、影がないか検査します。


でも、ただレントゲンの写真を撮るだけじゃダメなんです。


大腸がんの検査のためのレントゲンは、

肛門から造影剤(バリウム)を入れて、レントゲンを撮ります。


そうすれば、肛門から、直腸、結腸をはじめ、

盲腸や虫垂、小腸の一部までを調べることができるんです。


また、大腸がんだけでなく、ポリープや、炎症を起こしていないか

なども見ることができます。


最近では、注腸レントゲン二重造影法という方法が、

日本で開発されました。


最初は早期の胃がんを見つけるためにできたようですが、

大腸がんの検査にも効果があると、使われています。


これは、肛門からバリウムだけでなく空気も注入します。


空気を入れることによって、

縮まっている大腸の粘膜を膨らますことができ、

バリウムを隅々までいきわたらせることができます。


なので、見つかりにくかったところの大腸がんも

見つかるようになってきたんですね!!


日本の医療の技術もやっぱりすごいですねー!!


この造影検査、早期の大腸がんでも見つけることができます。


ただ、レントゲンの影でみるので、がんやポリープがあっても、

映らない場合もあるそうです。


また、放射線も浴びてしまう(人体に影響はないと思いますが)

という欠点もあります。

         

大腸ガンの検査

大腸ガンかどうかを検査する方法はいろいろあります。
その大腸ガンの検査方法を紹介します。

このカテゴリ内の記事


便潜血反応検査
直腸指診・肛門直腸鏡検査
注腸造影検査
大腸内視鏡検査
CT検査・MRI検査・超音波検査







Yahoo!ブックマークに登録