Top >  大腸ガンの検査 >  便潜血反応検査

便潜血反応検査

大腸がんの検査で最も簡単な方法がこの便潜血反応検査です。


専用の容器に便をほんの少しとって、

便の中に血が混ざっていないかを検査します。


早期の大腸がんは盛り上がっているものも多くて、

消化されたものが腸を通るときに、それがひっかかって

傷をつくることが多いそうです。


その出血が自分でも分からないぐらいであっても、

その検査で出血していれば反応が出ます。


この検査は自宅でやって、自治体や業者に送って検査もできますし、

簡単で痛みもなくすることができます。


人間ドッグや集団検診でもよく使われています。


以前は、検査前に食事制限などをしなくてはいけなかったそうですが

今はそんなこともないようです。


専門の業者に送っても2000円程でできるので、

定期的に受けるといいですね(^^)


でも、この検査には、ちょっと問題点もあるようです。


この検査では、大きな大腸がんでも反応が出ないことも

あるそうです。


出血していなかったりなど、20%くらいは反応しないそうです。


また、大腸がんの前の大腸ポリープだと、反応がでにくく、

1センチ以下のポリープだとほとんどが反応しないそうです。


それから、この検査は、便に血が混ざっているかを調べるので、

例えば大腸からの出血ではなくて、

その他のところで出血していても反応するそうです。


でも、もし大腸からの出血ではなくても、

他のところで何か異常があるかもしれないとわかるので、

まったく意味ないものではないと思いますが。。。


出血など、はっきりと異常が出ている場合は、

この検査ではなく、内視鏡などもっと精密な検査を受けた方がいいです。


でも、定期的に自分の体の様子を診断するのには、

簡単でもあるので、やったほうがいいですね!!

         

大腸ガンの検査

大腸ガンかどうかを検査する方法はいろいろあります。
その大腸ガンの検査方法を紹介します。

このカテゴリ内の記事


便潜血反応検査
直腸指診・肛門直腸鏡検査
注腸造影検査
大腸内視鏡検査
CT検査・MRI検査・超音波検査







Yahoo!ブックマークに登録