Top >  大腸ガンの治療法 >  腹腔鏡手術

腹腔鏡手術

腹腔鏡手術とは、内視鏡では取りきれない大きなポリープや、

早期の大腸がんを切除するために行われます。


この手術は、1990年代から日本でも行われるようになりました。


結構最近ですよね。。。


腹腔鏡手術は、通常のお腹を切る手術より、

時間は少し長くかかりますが、

傷口も小さくて、痛みも少ないのが特徴です。


また、入院期間も、1週間前後と

手術にしては短い期間で退院することができます。


手術は、まず炭酸ガスでお腹を膨らませます。


そして、お腹に3、4個の穴を開けます。


この穴から腹腔鏡を入れて、画像をみながら手術を行います。


お腹の中では、がんのあるところの大腸を周りからはがして

引っ張りだして切除して、縫い合わせ、戻しています。


全身麻酔で行われ、最終的に、傷口も4ー6センチで済みます。


なので、術後の痛みも少なて、早く退院できるんです。


でもこの腹腔鏡手術、日本で行われるようになってきたのは

つい最近のことです。


大腸がん専門の医師でもその全ての人が

この手術を行えるのではありません。


とっても難しいので、特殊な技術や経験が必要なんです。


なので、この手術を考える場合は、腹腔鏡の手術をたくさん行っていたり、

腹腔鏡手術の専門の医師に診てもらうようにしましょう。

         

大腸ガンの治療法

大腸ガンの治療法は、様々な方法があります。
主な治療法について説明します。

このカテゴリ内の記事


内視鏡
腹腔鏡手術
開腹手術
放射線治療
化学療法







Yahoo!ブックマークに登録