Top >  大腸ガンの治療法 >  内視鏡

内視鏡

大腸がんがあるかないかを調べる内視鏡、

大腸がんの切除にも使われています。


この内視鏡での手術の方法は

大きく分けて3つあります。


大腸の粘膜から盛り上がった形のがんには、

ポリぺクトミーという方法で手術します。


内視鏡の先からループ状のワイヤー(スネア)を伸ばして、

がんやポリープのくびれた部分にひっかけます。


そのワイヤーに高周波電流を流して、焼き切ります。


この方法は出血することが多く、注意しなくてはいけません。


また、がんが盛り上がっていない場合、

その部分の粘膜の下に液体を入れて、盛り上がりを作ってから

ポリペクトミーと同じ方法で切除する方法もあります。


この方法は内視鏡的粘膜切除術と言われます。


この方法ができるようになってからは、

ポリープのように盛り上がったがんだけではなく、

平らながんも内視鏡で手術できるようになりました。


また、がんやポリープが小さい場合、

内視鏡の先にワイヤーのかわりにかんしを伸ばしてポリープをつまみ、

かんしに通電して焼ききる方法もあります。


これは、ホットバイオプシーと言われます。


内視鏡の手術は、このような方法で、がんやポリープを切除します。


また、小さいポリープやがんの場合、

日帰りでの手術もできるところも多くなってきています。


そのような体の負担も少ない内視鏡の手術ですが、

手術には変わりありません。


手術しても、安静にするなど、内視鏡手術の方法だけでなく

お医者さんに術後の生活などもよく相談しましょう。

         

大腸ガンの治療法

大腸ガンの治療法は、様々な方法があります。
主な治療法について説明します。

このカテゴリ内の記事


内視鏡
腹腔鏡手術
開腹手術
放射線治療
化学療法







Yahoo!ブックマークに登録