Top >  大腸ガンの症状 >  直腸がんの症状

直腸がんの症状

直腸がんは、大腸の中でも出口の近くにできるがんです。


なので、体の奥の方にできる結腸がんより、

比較的症状もでやすいです。


初期の直腸がんだと、まず、出血があります。


この出血、便と一緒に出る場合もあれば、

血だけが出る場合もあります。


血自体は、ほとんどが鮮血に近い血です。


出血しても、別に痛みはないので、

痔と間違える人が多いそうです。


そのため、放っておいてしまい、

発見が遅くなってしまう場合もあります。


血が、粘液と混じっている場合はすぐにお医者さんにいきましょう。


膿と混じって、また臭いも強くなってきてしまいます。

こうなると、大腸がんの可能性大です。


その他の症状は、強い便意、下痢、

腫瘍が大きくなると便が細くなったりします。


直腸にがんがある場合、実際は便ができっているのに、

その腫瘍があるため、なんとなくまだ残っているような感じがします。


さらに進行すると、肛門やお尻の奥の方に痛みが出てきます。


ここまできてしまうと、初期のがんとは言えなくなってしまいます。


直腸がんは、比較的症状が出やすいといっても、

痔など、他の病気と間違いやすい症状も多いです。


特に若い人、便秘を軽くみていたり、出血していても、

気にしない人、要注意です。


大腸がんは20代の人にだって、その危険性はあるんです。


少しでも様子がおかしいと思ったら、

早めに医師に相談しましょう。

         

大腸ガンの症状

大腸ガンの症状を結腸がん、直腸ガンに分けて
説明します。

このカテゴリ内の記事


結腸がんの症状
直腸がんの症状







Yahoo!ブックマークに登録