Top >  大腸ガンの症状 >  結腸がんの症状

結腸がんの症状

結腸がんは、盲腸からS結腸までにできるがんなので、

大腸の中でも、体の奥の方にできるがんです。


体の外側に近い直腸がんと違って、

結腸がんは、症状もでにくく、分かりにくいそうです。


結腸の部分は、腸が太くて、広いので、

そこに腫瘍ができても、それが邪魔して便通が悪くなる

ということもありません。


消化したものが通るときに、腫瘍が傷ついたりすれば、

便と一緒に血が混ざったりするのですが、

結腸は通り道が広いため、便にも出にくいです。


また結腸がんができるところは、腸の始まり部分なので、

消化したものは、まだ水分がたくさんある状態で腸を通るので、

傷もつきにくいんですね。


でも、がんが進行すると、その腫瘍もだんだん大きくなってきます。

大きくなると、体のそとからでも分かるようなしこりが

お腹にできることもあります。


この症状は、腹部腫瘤と呼ばれます。


そのほかにも、腸内で出血が大量に起こってしまうと、

貧血になったりもします。


こうなると、自覚症状もかなり出てくると思います。


貧血、お腹のしこりの他にも、自覚症状としては、

倦怠感など、何かおかしいと思うようになってきます。


さらに進行すると、腫瘍が腸をふさいでしまって、

排泄物がうまく流れなくなってしまいます。


そのうち、お腹が張ったり、常に膨満感を感じたりします。


便秘になったと思えば、下痢をしたり、

そのうちに、出血したりになるので、

この頃には、大体の方が病院で診察を受けていることでしょう。


このように、徐々に体の変化も出てきますが、

平気だと思っても、思ったより進行していることもあります。


少しおかしいなと思ったら、早めに医師に相談しましょう。

         

大腸ガンの症状

大腸ガンの症状を結腸がん、直腸ガンに分けて
説明します。

このカテゴリ内の記事


結腸がんの症状
直腸がんの症状







Yahoo!ブックマークに登録