Top >  大腸ガンの原因 >  大腸がんと飲酒・喫煙

大腸がんと飲酒・喫煙

飲酒や喫煙は、大腸がんじゃなくても

様々な病気に悪影響といわれていますよね。


大腸がんでも、飲酒や喫煙は発生のリスクを高める要因です。


お酒を飲む人と、飲まない人を比較してみると、、、


1日1合以上2合未満の人では、飲まない人に比べて約1.4倍、

1日2合以上飲む人は飲まない人に比べて2.1倍も

大腸がんのリスクが高くなります。


煙草を吸っている人は、煙草を吸わない人に比べて

約7倍も大腸がんになるリスクが高くなってしまいます。


お酒も飲むし、煙草も吸う人は

もっと大腸がんになりやすくなってしまいます。


お酒を飲むと、そのほとんどが大腸で吸収されます。


その他、肝臓で吸収されたアルコールは、

アセトアルデヒトというものになります。


これは、悪酔いの原因にもなるんですが、

そのアセトアルデヒトが大腸の粘膜を傷つけて

がんになりやすくなるといわれています。


また、煙草の煙にも多くの発がん性物質が含まれています。


煙草を吸うとその煙は喉や気管、肺に直接触れますよね。


もちろん肺がんなどの危険も高くなりますが、

煙草を吸っている人の大腸からも、

煙草の煙による発がん性物質が検出されているんです。


お酒も煙草もやめられない人、多いと思います。


煙草を吸っても、がんになりにくい遺伝子を持つ人もいますが、

それはほんの一部の人で、ほとんどいません。


お酒、煙草はいきなり完全にやめることは難しいと思います。


でも自分の健康のためにも、最初は量を減らして、禁煙

禁酒を心がけてみましょう。

         

大腸ガンの原因

食生活、喫煙、飲酒など、
大腸ガンの原因といわれているものを説明します。

このカテゴリ内の記事


食生活の変化
大腸がんと便秘
大腸がんと遺伝子
大腸がんと運動不足
大腸がんと飲酒・喫煙







Yahoo!ブックマークに登録