Top >  大腸ガンの原因 >  大腸がんと運動不足

大腸がんと運動不足

運動不足も大腸がんの原因のひとつです。


この便利な世の中、移動は車、仕事もデスクワーク、

帰ってもパソコンやゲームの生活の人、

少なくないと思います。


たかが運動不足。。と思いがちですが、

運動不足は大腸がんの原因の大きな要因なんですよ!!


また、運動不足は大腸がんのほぼ確実な原因とも

言われています。


運動不足だと、太りやすくなりますよね。。。


運動不足で内臓脂肪までもが多い人は特に注意が必要です。


内臓脂肪が増えてしまうと、がんを発生させないようにしている

アディポネクチンが作られにくくなってしまいます。


また、お肉などが好きな人、

お肉は食べたときに発がん物質がでます。


がんを発生しないようにしているものが減って

更に発がん物質がたくさん体内にあると、

がんになりやすくなってしまいますね。。。


運動をすると、内臓脂肪も少なくなりますよね。


内臓脂肪が少なくなると、

がんを発生させないようにしているものも増えるので

がんになりにくくなります。


また、運動すると、腸の動きも元気になります。


そのため、便秘も解消されますね(^^)


便が腸内に溜まっていると、

発がん物質も中にとどまりやすくなってしまいます。


発がん物質が長時間とどまっていると、

大腸がんになるリスクも高くなってしまいます。


便を腸内に溜め込まないことも、大腸がん予防のひとつですね!!


運動不足は大腸がんの原因だけでなく、

その他の病気にもかかりやすくなってしまいます。


ウォーキングだと、1日8000歩を目安といわれていますが、

毎日無理なく適度な運動も必要です。

         

大腸ガンの原因

食生活、喫煙、飲酒など、
大腸ガンの原因といわれているものを説明します。

このカテゴリ内の記事


食生活の変化
大腸がんと便秘
大腸がんと遺伝子
大腸がんと運動不足
大腸がんと飲酒・喫煙







Yahoo!ブックマークに登録