Top >  大腸ガンの基礎知識 >  大腸がんと生存率 

大腸がんと生存率 

がんは5年経って再発、転移がなければ

ほぼ完治といわれています。


私の知人でもがんになった人がいるんですが、

治療が一区切りついて、あと5年なにもなければ完治でしょう。

といわれたそうです。


多くのがんでこの5年という期間が一区切りとされています。


そして、がんの治療を始めてから、

5年後、生きている人の割合を5年生存率といいます。


約40年前の日本では、

胃がんの5年生存率は、40%以下、

肺がんでは、20%以下だったそうです。


がんになると、長くは生きられない。。。

そういう時代だったんですね。


でも医療の進歩などによって、

最近ではその生存率もかなり上がってきています。


90年代では胃がんの生存率は70%を超えて、

肺がんでも40%近くまで上がっています。


5年生存率は倍以上になっています。


かなり進歩していますよね!


大腸がんもこの5年生存率、目安になっています。


大腸がんの場合は、そのがんの進行の度合いによって違います。


がんが大腸の壁の中にとどまっている初期の大腸がんで95%、

それより進行しているが、リンパ節に転移がない場合は70%です。


かなり進行して、他にも転移していると

25%まで下がってしまいますが、

大腸がんは、他のがんに比べても、5年生存率が高いがんです。


この5年生存率からみても、大腸がんは治りやすく、

また、進行も遅いがんです。


がんになったとしてもあせらず、

いろいろな治療法を検討してみましょう。

         

大腸ガンの基礎知識

大腸ガンについて、大腸ガンとは何か?や、
大腸ガンと何が関係しているのかを説明します。

このカテゴリ内の記事


大腸がんって?
大腸がんとポリープの違い
大腸がんと日本人
大腸がんと年齢・性別
大腸がんと体型
大腸がんと生存率 
大腸がんと診断されたら 







Yahoo!ブックマークに登録