Top >  大腸ガンの基礎知識 >  大腸がんと年齢・性別

大腸がんと年齢・性別

大腸がんは年齢・性別の違いで、

発生率の違いはあるんでしょうか。


大腸がん全体の男女の比率では、男性1.6:女性1.0

と、男性の方が多く発症しています。


でも、大腸がんのうちの、

直腸がんは男性に多いですが、

結腸がんは女性に多いそうです。


また、医師によっては、

性別による違いはないという人もいます。


男性だけで見てみると、大腸がんは胃がんに次いで

第2位になっています。


これはいずれ1位になるといわれていますが。。。


女性の場合は、大腸がんはがんのなかでも第1位です。


女性も、男性も、がん全体でみると

大腸がんの発生率は高いですね。。。


また、年齢別に見ると、大腸がんは男女ともに、

60歳代の方の発症率が高くなっています。


次に、70歳代、50歳代と続きますが、

年齢が高くなるにつれて、大腸がんの発症率も高くなっています。


私はまだ若いから大丈夫だわ。。。と思う人も

いるかもしれませんが、若い人でも、要注意ですよ!


大腸がんの大きな原因のひとつは食生活といわれています。


高齢者より若い人たちの方が、

脂肪分の多い生活をしていると思います。


大腸がんにならないなんて、いえないですよ!!


若いうちから気をつければ、高齢になっても、

大腸がんになる確率は下がります。


若い人でも、今のうちから大腸がん予防を始めましょう。

         

大腸ガンの基礎知識

大腸ガンについて、大腸ガンとは何か?や、
大腸ガンと何が関係しているのかを説明します。

このカテゴリ内の記事


大腸がんって?
大腸がんとポリープの違い
大腸がんと日本人
大腸がんと年齢・性別
大腸がんと体型
大腸がんと生存率 
大腸がんと診断されたら 







Yahoo!ブックマークに登録