Top >  大腸ガンの基礎知識 >  大腸がんとポリープの違い

大腸がんとポリープの違い

ポリープと大腸がんの違いは何でしょうか。


ポリープと大腸がんは違うものなんでしょうか。


ポリープと聞くのと大腸がんと聞くのでは、

病気の度合いも全然違う気がしますよね。


そして、ポリープが悪化すると、必ずがんになると

思っている人も多いかと思います。


でも、ポリープはすべてが大腸がんになるわけではありません。


ポリープは大きく分けて、

炎症性ポリープ、過形成性ポリープ、腺腫性ポリープ

の3種類があります。


炎症性ポリープは、腸の中で炎症をおこす病気(大腸炎など)が、

治るときに粘膜が隆起して起こるものです。


また、過形成性ポリープも粘膜の細胞が増えすぎて

ポリープ状になるもので、高齢者にも多くみられるようです。


なので、炎症性ポリープ、過形成性ポリープは

がんになる恐れはありません。


この中でがんになる恐れのあるポリープは、

腺腫性ポリープです。


ポリープすべてががんになるわけではないんですね。


でも、この腺腫性ポリープですが、

ポリープの中では、1番できやすいポリープなんです。


なので、「ポリープ=がん」っていうイメージが

強いのかもしれませんね。


また、腺腫性ポリープにも、良性、悪性があります。


悪性のものが、がんですが、

良性でも、そのポリープの大きさが5ミリ以上になってしまうと、

がんになってしまうかもしれません。


ポリープが、悪性のもの(がん)と診断されても、

ポリープ状だと、まだ早期の場合が多く、完治もしやすいです。


もっと進行したがんは、ポリープの形ではなくなってしまいます。


ポリープがあると診断されても、あせらずに、

自分のポリープがどの種類なのか、

医師によく調べてもらいましょう。

         

大腸ガンの基礎知識

大腸ガンについて、大腸ガンとは何か?や、
大腸ガンと何が関係しているのかを説明します。

このカテゴリ内の記事


大腸がんって?
大腸がんとポリープの違い
大腸がんと日本人
大腸がんと年齢・性別
大腸がんと体型
大腸がんと生存率 
大腸がんと診断されたら 







Yahoo!ブックマークに登録