Top >  大腸ガンの基礎知識 >  大腸がんって?

大腸がんって?

私たちが食べたり飲んだりしたものは、

体の中で消化、吸収されますよね。


その残ったものは、大腸で水分を吸収しながら

排泄されます。


その大腸、長さは伸ばしてみると、なんと2m!!

大腸はとっても長いんです。


そんな長い大腸が体の中に入っているなんて、

なんだか不思議ですよね!!


一言で大腸といっても、大腸は大きく分けて、

2種類あるんです。


まずは盲腸からS状結腸までを結腸、

直腸から肛門までの大腸を直腸といいます。


その大腸にできる悪性の腫瘍が、大腸がんです。


大腸は2種類あるので、その腫瘍のできた場所によって、

直腸がんとか、結腸がんとか言ったりするんです。


大腸は体に必要ないものが通るところですよね。

なので、大腸にはいろんな種類の細菌が住んでいる場所でもあります。


そのため、大腸がんやポリープもできやすいのかもしれません。


しかし、大腸がんはなかなか早期発見ができにくいがんです。


早期の場合だと、普通の健康診断などでは、

分かりにくい場合も多いそうです。


早期発見になればなるほど、完治する確率も高いです。


そして、大腸がんは、他のがんに比べて、

比較的治りやすいがんだともいわれています。


少し、お腹の調子がおかしいなと思ったら、

早めにお医者さんに相談しましょう。


また、大腸がんだとしても、最近では様々な治療法があります。


自分に合った治療法で、がんと闘いましょう。

         

大腸ガンの基礎知識

大腸ガンについて、大腸ガンとは何か?や、
大腸ガンと何が関係しているのかを説明します。

このカテゴリ内の記事


大腸がんって?
大腸がんとポリープの違い
大腸がんと日本人
大腸がんと年齢・性別
大腸がんと体型
大腸がんと生存率 
大腸がんと診断されたら 







Yahoo!ブックマークに登録